脱毛でトラブルになってしまった時


脱毛をしている時にもしトラブルになってしまった時でも対処法を知っていると安心することができるので、最初にどんな方法があるのか頭に入れておくと良いですね。

もし永久脱毛などであればその医療機関や美容外科などで診てもらうことができるのでそのまま治療を受けることもできますし、最近では脱毛サロンも病院と提携している場合もあるのでそれほど心配することはありません。

トラブルになる多くのパターンで脱毛後に赤くなったり、じんましんのようにブツブツが出来てしまうことがありますが、これはレーザーによる軽いやけど状態です。

医療レーザーの場合には3日間ほど多少の赤みが出る可能性がありますが、脱毛サロンなどで翌日まで残るほどの火傷の症状は起きないと言えます。

脱毛時に医療レーザーであれば冷却材を肌に塗布してから施術を行っていきますが、痛みが酷い時はレーザーを当てた後も必ず冷却をしておく必要があります。

基本的にこの肌を守ることをしておけば赤みは自然と引いていくものですが、脱毛後は肌も弱くなっているので紫外線を強く受けるところは避けて日焼け止めをしっかりと塗るというケアをしばらくしておくことも求められます。